不動産について理解して良い住宅をゲットしよう

手

これまでとこれから

賃貸ができるまでの歴史について

賃貸の歴史は平安時代にさかのぼります。 歴史の教科書で習ったことがあると思うのですが、当時は荘園という制度がありました。 荘園というのは土地をたくさん持っている貴族がその土地の一部を農民に貸付、作物を育ててもらって収穫された作物の一部を納めてもらうという制度です。 この収めてもらう作物がいわば現在の家賃のようなものですね。 そして時代は進んで江戸時代になります。 冬至の江戸は飛躍的に歯っていいし定期、人がどんどん地方から住み着いていきました。 尾のため住居が不足してしまうというような事態になって生きます。 そこで豪商などの土地を持っている人がおわ揺る長屋という棟続きの建物を建設し、そこに人を住まわせ作物や金銭などの家賃のようなものを徴収するというシステムを作るようになりました。

これからの動向について

高度経済成長期になり、ベビーラッシュが起こり数多くの賃貸を含む住居が建設されていきました。 そして現在はというと、症しかに加え高齢かもあいまって人口は減少していき始めています。 当然ながら賃貸を初めとした住居はあまってくるようになります。 実際に公害などでは入居者が折らずに空き家になってしまうというような事例が表面化しています。 入居者はこれからも減少していくのは必定です。 その為これからの賃貸は他の賃貸との差別化が必要になってくるでしょう。 つまりよりユーザーの細かい要望に応えた賃貸住宅が生き残るというわけです。 たとえばペットが飼える物件であったり、バイクが好きな人が自分の部屋のすぐそばや中にバイクを注射できるようなよりきめ細かい物件が増えていくことになるでしょう。