不動産について理解して良い住宅をゲットしよう

オシャレハウスあります

これまでとこれから

賃貸住宅の歴史は平安時代から始まっているといわれていますが、時代の変化に伴って形は変わってはいるものの、今後も様々な賃貸サービスが行なわれていくと言われています。

READ MORE

注文するときは

注文住宅は依頼する人の様々なニーズに応えることができますが、建ててもらうときには依頼する業者選びも重要です。最近では住宅メーカーに頼む人も多いですが、技術面を考えるのであれば工務店に依頼するのが良いでしょう。

READ MORE

多くの人が利用

すぐに住めるから便利。マンスリーマンションは大阪の長期滞在に最適な住宅が揃っています。アクセスのいい物件が集まっていますよ。

注文住宅を名古屋で建てたい方はここに依頼してみましょう!こだわりの家を建てるのあとってもロマンがありますよ!

様々な人が不動産投資を始めています

中古ワンルームマンションで不動産投資をする人の中にはサラリーマンやOLなど以前では見かけなかった人も増えてきています。不動産投資と言えば資産家がするものというイメージが強かったですが、終身雇用が崩れ、いつまで正社員でいられるかわからない社会構造になってきたことが自衛策としての不動産投資を後押ししています。また、一人暮らしをしている人の中には、もしも空室が続くようであれば自分で住んでしまえば良いという考え方をしている人もいます。これは理にかなった考え方です。自分が住むことで家賃として支払っていたものがローン返済に直接まわるだけではありません。なぜならば空室リスクがゼロになるからです。一定期間自分が住むというのも選択肢の1つなのです。

相場観が変わる可能性があります

このように中古ワンルームマンションを購入しようとしている人が増えつつあるため、中古ワンルームマンションの価格自体は上昇してきています。利回りは5%前後が相場です。しかし、まだまだ価格上昇余地はあると考えられます。現在は、都市部の築浅ワンルームマンションで8万円から10万円の家賃が平均相場となっていますが、インフレーションが進めば、家賃も上昇すると予測されています。そのため、利回りの改善を受け、物件価格自体も上がるというわけです。不動産を購入するのであれば、早い方が良いという状況になってきました。これからこのことに気付き始める人が増え、中古ワンルームマンションが品薄気味になっていくことは容易に予想ができます。

業者は様々

注文住宅を扱う業者はかなり増えてきており、業者のジャンルによっても価格やサービス、仕上りも大きく異なります。理想の家を建てる為にもできるだけ自分のイメージを明確に業者に伝えることが大切です。

READ MORE

賃貸のあれこれ

賃貸物件にも様々な形やサービスがありますが、どの賃貸住宅に住むにしても、もろもろの費用が発生することを理解しておく必要があります。その他にも引越し費用や家具の費用なども発生するので事前に費用を計算する必要があります。

READ MORE

オススメリンク